水素量子アトミクス研究会 


第11回水素量子アトミクス研究会

日時: 2014年3月20日(木) 10:00-17:30 (終了しました。)
場所: KEK 物構研 (KEK4号館2階輪講室)
主催: KEK物構研・構造物性研究センター
世話人: 福谷克之(東大)、大友季哉(KEK物構研)、常行真司(東大)

■招待講演者:
松村大樹(JAEA)「X線吸収分光による錯体水素化物の金属−水素結合直接観測」
中村優美子(産総研)「金属系水素貯蔵材料の局所構造解析」
山川紘一郎,荒川一郎(学習院大理)「マトリックス分離法を用いた水クラスターの赤外分光研究」
森 初果(物性研)「電子とプロトンが協奏する機能性分子性物質の開拓」
深井 有(東大) 「鉄中の水素誘起空孔生成とその効果

■プログラム
PDF fileはこちら

講演時間 講演者 所属 講演タイトル
10:00-10:30 中村優美子 産総研 金属系水素貯蔵材料の局所構造解析(invited)
10:30-10:55 秋葉 宙 物性研 Pd水素化物およびそのナノ粒子のガラス転移
10:55-11:20 酒井政道 埼玉大理工 極低濃度水素(3%)を用いたPdおよびNi触媒層付きY薄膜の完全水素化
11:20-11:45 町田晃彦 JAEA 高温高圧力下中性子回折実験による鉄の重水素化過程のその場観察
Lunch
12:45-13:15 深井 有 東大生研 鉄中の水素誘起空孔生成とその効果(invited)
13:15-13:45 松村大樹 JAEA X線吸収分光による錯体水素化物の金属−水素結合直接観測(invited)
13:45-14:10 関場大一郎 筑波大数物系 Mg2FeH6およびMg2FeD6のRIXSにみられる特異な同位体効果
14:10-14:40 森 初果 物性研 電子とプロトンが協奏する機能性分子性物質の開拓(invited)
Break
15:00-15:30 山川紘一郎 学習院大理 マトリックス分離法を用いた水クラスターの赤外分光研究(invited)
15:30-15:55 赤木和人 東北大AIMR 水素イオンを弾く水の環状構造
15:55-16:20 奥地拓生 岡山大地物研 パルス中性子回折による地球深部含水鉱物結晶相の水素の無秩序配置について
16:20-16:55 武安光太郎 東大生研 SrTiO3(001)表面での散乱における水素分子の回転・核スピン状態遷移
Closing

■その他:
本研究会の直前に、水素に関連する下記の研究会が開催されました。詳しくは下記リンク先をご覧ください。
3/18(火) 物構研サイエンスフェスタ2013
3/19(水) MSLワークショップ「格子間水素同位体の位置と電子状態―酸化物を中心に」

開催場所:つくば国際会議場エポカル